2006年11月15日

水草飼育に適した硬度の水を作る方法・・・

水草育成に適した硬度の水とは?水草飼育には軟水の方がいいといいますが、残念ながらヨーロッパのほとんどの国の水は硬水です。イギリスも例に漏れず・・・

uki☆uki☆せっけんライフというページに世界の水の硬度というのが載っていました。

イギリス ロンドン(パディントン付近)
 →硬度220mg/リットル【非常な硬水】



・・・うちはどんぴしゃりパディントン付近ですがな。
水草が主役のボトルアクアリウムを作ろうというのに・・・
どうやって軟水を用意しよう・・・


置き水とかで水質が変わればいいのですが、硬度は何かしら道具を使わないと変わらないんですね・・・
ちょっと調べてみて対策候補は以下かなぁ、と思っているのですが:

1.軟水を買ってくる
2.水の硬度を下げるソイルを使う
3.水質安定剤を使う

いずれか、あるいは組み合わせ?
気分的に3は使いたくない、というか買いたくないのですが・・・
いかがでしょう、他に何か方法(なるべく安価に)があればご教授いただきたいです。


実は今日、熱帯魚ショップを開拓しようと別のところに行ってみたのですが、迷子になって結局たどり着けませんでした。
でも、家に帰ってきて水の硬度のこととか調べ始めたら、ショップに行く前にもうちょっと勉強が必要だなー、と思ったので迷子になってよかったと思いました。

ボトルアクアリウムに適した水草とか、調べなければ、です。でも、結局目が欲しがるもの買って失敗しそうw
posted by サチポック at 07:45 | Comment(6) | TrackBack(0) | ボトルアクアリウム@ロンドン
この記事へのコメント
軟水の飲料水使ったらどかな?ボトルアクアだから少量だし。
企画プレでエビ頂いたPlan Beeのおおたさんはエビ飼育に
volvic使用でしたよ(´▽`*)
Posted by なお at 2006年11月15日 20:07
はじ、最近なのですが、金魚が転覆病にかかり
死ぬかなと思っていたのですが、ソネケミファ
からだしているEBPSというバクテリアの商品
を使ったら少し良くなったみたい。ストレス系の
病気には効くらしいです。勝手に書いてすみません。では。
Posted by メロ at 2006年11月15日 21:51
どーも、s-nobです。
そういえば、ヨーロッパでアクアをやるには水質が問題になるんですね。
だからシクリッドもそちらではアフリカンが人気なんですね。

ちなみに硬度を下げる方法ですが、イオン交換樹脂とセオライトなんてのもありますよね。
中でもゼオライトは今私も注目している物なんですよ。
まだ詳しくは調べ切れていないんですけどね(^o^;
Posted by s-nob at 2006年11月16日 01:25
>なおさん
うん、Volvic!
たぶん、そうすることになるのかな・・・と。
でも、イギリスで売ってるVolvicが日本と同じ硬度で売ってるのかどうか、調べてもわからなかった。
明日スーパーに行ったら見てみようっと。

>メロさん
はじw
コメント大歓迎です、ありがとうございます!
残念ながら今うちに魚はいないのですが、また再開したときに参考にさせていただきますね。

>s-nobさん
情報有難うございました!
イオン交換樹脂とセオライト、簡単に調べてみましたが・・・
結構いいお値段しそうですね〜。
収入増やせるようにがんばりますw
Posted by sachipok at 2006年11月16日 04:04
やっぱボトルアクアぐらいの量なら水を買うのが一番だと思いますよ。
一般的に売られている水には硬度の表示がされているので、一番低いやつをチョイスするのがいいのではないでしょうか?
ソイルは吸着量に限界があるでしょうし、ソフナイザー系もメンテしないとすぐに吸着力が落ちるので、金と手間がかかりすぎるんじゃないですかね。
Posted by 38brain at 2006年11月16日 06:10
>38brainさん
おぉ、わかりやすい解説有難うございました!
やはりVolvicですかね、こっちは売ってる水も硬水が多いので・・・
ソイルもなんとか気に入ったのを手に入れたいんですが、高いみたいなのでどうしよう、という感じです。
Posted by sachipok at 2006年11月17日 05:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。