2007年01月31日

ボトルアクアリウムの水温について

ボトルアクアリウムに生体を入れるにあたって、ちゃんと水温を確認しておかなければなりません。

水温計

では、ボトルアクアリウムに適した水温はどのくらいか?生体をベースに考えてみます。


今のところの生体候補としてはアカヒレ、グッピー、エビ。

アカヒレ飼育に適した水温は20〜25℃ぐらい、グッピーは25℃前後とのこと。
エビはヤマトヌマエビかレッドチェリーシュリンプが候補ですが、これらの適正水温も同じような感じです。

実際は10〜30℃の範囲で耐えられるみたいですが、あくまでも限界水温。高温に強いと言われるレッドチェリーシュリンプも、30℃を超えれば・・・。いくら耐えられるからと言っても適応できるかどうか固体によっても違いますし、一定の温度を保てるならまだしも、一日のうちに急激に水温の変化があっては魚もたちまち弱ってしまいます。


ということで、20〜25℃ぐらいで維持できるか?
うちのボトルが普段どのくらいの水温なのか、確認してみました。


朝:
18〜20℃
部屋のヒーターが作動する前でこのくらい。


(曇りの日):22〜25℃
(晴れの日):22〜32℃
ボトルを窓辺に置いているので日光が出ているときは30℃を超えます。

夜:
18℃〜25℃
ヒーターの切れる真夜中まではあまり大きな変化はなく、ヒーターが切れた後は徐々に下がっていきます。

日向のボトル
【日向のボトル】

ということで、日向で直射日光にさえあてなければ、問題なさそう。暖房がしっかりしている建物でよかったです。ロンドンは夏も涼しいので、環境的にはかなり恵まれているかも!
posted by サチポック at 22:32 | Comment(9) | TrackBack(3) | ボトルアクアリウム@ロンドン
この記事へのコメント
生体飼うことの了承が得られた件、おめでとうございます〜!
やりましたね!
昔どっかで生体がどれぐらいの温度まで耐えられるかを実験したものを見た記憶があるのですが(生体にとっては相当かわいそうな実験ではありますが)、それによるとエビは早々に離脱(昇天)してました。
やっぱエビはヨワヨワなんじゃないかなぁ。
ヤマトなら多少は耐えてくれるのかな(っていうかそちらにもヤマトいるのかな?)。
川とか海の水温が30度を超えるっていうのは普通ないですからねぇ。
ただ、直射日光を当てなければ全然大丈夫そうですね。
どんな生体を入れるのか、楽しみにしてます。
窓から見えるロンドンの町並みがステキですね。
Posted by 38brain at 2007年01月31日 23:56
どーも、s-nobです。
まずは正式にボトルアクアの了解が出て、さらに生体までOKとの事、おめでとうございます。
これで心置きなくアクアを楽しめますね(^o^)
何の生体が迎えられるのか、私も楽しみにしております。
しかし予想以上に一日の水温変化が激しいのですね。
Posted by s-nob at 2007年02月01日 04:19
>38brainさん
ありがとうございます!!
もう、許可が出た後しばらく顔がにやけてにやけて(笑)
エビだけですが、水温のこと書いてあるページありました:
http://ecoplants.at.infoseek.co.jp/kaikata/suion.html
レッドチェリーが強くて良さそうですね!
ヤマトヌマエビ、こっちでもたくさん売ってますよん。投入候補です!

>s-nobさん
ありがとうございます〜。
そうなんです、まさに心置きなく!
私は逆に、水温思ったより変化しないなぁ、と思いましたよ(笑)
直射日光の威力がもっと強いかな〜と思ったのです。
32度より上がらなかったのが意外。
Posted by sachipok at 2007年02月02日 09:45
お魚が買えるようになってよかったですねー!
こちらまで一緒に嬉しい気分です。

うちでのボトルアクアの経験ではやっぱり
アカヒレが断然安心ですね。
15度から32度まで対応してます。
ヤマトくんたちは暑さや酸素不足に弱くて
複数飼いすると、ある日いきなり全滅!って
憂き目に遭います(^.^;
だからボトルでは2匹までを限度として
他に魚はいれないようにしてます。
で、グッピーは試したことがないです。
アカヒレぐらい強かったら綺麗でかわいくて
いいですね。
Posted by 兎夢 at 2007年02月04日 09:05
>兎夢さん
有難うございます〜!!
本当に嬉しい限りですぅ。
まだ魚が飼えるかどうか分からなかった頃、兎夢さんのボトルアクア記事でイメトレしてました(笑)

私も安全を考えるとアカヒレかなぁ〜と思います。
ヤマトは案外弱いんですね。チェリーにするかなぁ。
Posted by sachipok at 2007年02月04日 17:48
sachipokさん、(こちらでは)はじめまして♪
先程は私のブログの方へ訪問、コメントをして頂きありがとうございました!
実は私も兎夢さんのファンだったりして、ボトルを始めたきっかけだったりするんです^^

リンクありがとうございます!
早速私の方でもリンクさせて頂きたいと思います^^
(ABC,あいうえお順で並べておきますね)
ロンドンでのアクア、とても興味深々です♪
これからも遊びにきたいと思いますので、よろしくお願いいたします!
Posted by Tsuchion at 2007年02月04日 22:40
>Tsuchionさん
訪問ありがとうございます!!
そして、リンクも!どうも有難うございましたm(_ _)m
ボトル仲間としてこれからも宜しくお願いします!

それにしても、兎夢さんの影響力はすごいですね〜!
Posted by sachipok at 2007年02月05日 01:44
ボトルアクア、これだけ続けると立派な飼育データになりそうですね。
それにしてもお昼は30℃ですか!

ロンドンだとアカヒレなんかは英名で違う名前で売ってるんですかね。
Posted by ほた at 2007年02月05日 22:30
>ほたさん
どうもです!
立派な飼育データ(笑)
ペーハーとかも測定したりしたいですけどね〜。

お魚はもちろん英名で売ってますよ!
後日別記事で紹介しま〜す。
Posted by sachipok at 2007年02月08日 20:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

そらいろ新聞:暑い夏の高温対策
Excerpt: 今は暖冬だけど、真冬。 でもなぜか、アクアリウムの水温対策のページ。 30度を越える真夏日が続くと、...
Weblog: ほぼ日刊そらいろブログ新聞
Tracked: 2007-02-01 15:15

デビューしました
Excerpt: おさむチャンで~~ス!! 今日、デビューしました。 生まれた所はメキシコです。 私は、きれいな水にしか 棲めないんです。 「うううう~~~ワン」 って吠えません。 とにかくのんびりして..
Weblog: わが家のウーパールーパーおさむ君
Tracked: 2007-02-04 03:39

菜の花(なばな)料理レシピ
Excerpt: ■菜の花(なばな)料理レシピ 菜の花は春を一番に運んできてくれる野菜ですね。 春の野菜・山菜は苦味があり、冬から目覚めさせてくれる 味でもあります。 苦味やアクを取り除きすぎると栄養面ばかりで..
Weblog: 飲食店が教えるナイショの裏技レシピ
Tracked: 2007-02-04 03:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。