2006年03月12日

カルキ抜き剤を使わない水作り

水槽(というか金魚鉢)を買ったので、まず早速水作りしなくてはいけません。

でも、カンボジア(プノンペン)の水質がどんな感じなのかわかりません。
カルキが入っているのかどうかも。

続きを読む
posted by サチポック at 20:04 | Comment(5) | TrackBack(0) | 水槽の水質について
2005年12月03日

すごい・・・ペーハー安定剤 pHブロック

気がついたら水槽の水のpHが5.0以下の超酸性状態になっていたため、数日前から色々と試行錯誤してました。
しかし、一気にペーハー値を変えると、あまりの急激な水質の変化に魚たちがペーハーショックという状態に陥ってしまうかもしれない・・。

続きを読む
posted by サチポック at 19:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | 水槽の水質について
2005年11月29日

pH(ペーハー)が低い・・!酸性なのはなぜ

熱帯魚飼育を始めてこのかた、水のペーハーは(砂底にもよりますが)何もしなければアルカリ性に傾くものだと思ってました。

でも、みなとさんのブログのペーハーメーターのお話で、水質確かめてみたらなんと4.6という驚異的に酸っぱい酸性数値だったというお話を読んで、うちのも久々に測ってみました。

続きを読む
posted by サチポック at 23:05 | Comment(10) | TrackBack(0) | 水槽の水質について
2005年08月05日

効果大!油膜にエアレーション。冷却ファンもがんばってます。

悲劇の油膜もやもや問題を解消すべく、フィルターの排水パイプを水面まで持ち上げて一晩中エアレーションを行いました。
結果は、効果絶大!
朝起きたら驚くぐらい水面はすっきりクリア。逆戻りが懸念された夕方帰宅後も予想以上にクリア!
しばらくは夜間エアレーションでなんとかがんばれそうです。


もうひとつ嬉しいことがありました。
ここ最近本当に暑かったので、夕方の数時間危ない冷却ファンを使ってみたのですが、効果がありました!
fan2.JPG
↑めいっぱい水面に近づけて苦しそうなファン。

帰宅時31℃超の水温が現在28℃近くまで下がっております。まぁ、夜の気温の低下も影響はあるのでしょうけれども、とりあえず役に立つことはわかりました。
でも、あんまり急激に温度の変化をつけたくないので、どう上手く使っていくかが今後の課題です。

おまけ
パンダの背ビレ山脈をお楽しみください。

fourpandas.JPG
posted by サチポック at 23:39 | Comment(10) | TrackBack(0) | 水槽の水質について
2005年08月04日

油膜でもやもや

現在、水面の油膜が未だかつてない程のもやもやぶりを発揮しています。

oil.JPG

前回の書き込みをした晩はたいしたことありませんでした。丸一日でこの変わり様です。
油膜だけではありません、コケも大発生です。

moth.JPG

いつもと違ったことは、2日の晩にコケがひどいので軽い掃除と少し水換えをしました。
次の朝、入れるだけでCO2添加できるというタブレットを2粒入れ、規定量よりも少なめに水草用の肥料をたらしました。

半日経って帰宅したらもうこんな状態でした・・・びっくり。
水槽全体が白〜く濁り、油膜はテラテラ、コケは掃除したばかりなのに大増殖。

とりあえず、油膜の原因をネットで調べてみたら色々詳しく書いてあるページありました:
http://www.fujigoko.tv/aqua/howto/how7.html

とにかく、水質が悪化している、ということですね。

ということで、少しでも水質を良くするために色々対処してみました:
・できるだけ油膜をすくい出す
・バクテリア投入
・夜間エアレーション

これで少しでもよくなってくれるといいのですが・・・

あぁ、水質管理って難しいですね。
今のところお魚と水草は変わりなく元気そうにしているので、これ以上悪化させないようにがんばります。
posted by サチポック at 23:50 | Comment(8) | TrackBack(0) | 水槽の水質について
2005年07月14日

pH大成功

つい先ほど水のpHを下げすぎた大失敗について語ったばかりですが、ものの5分で自分なりの解決方法を見つけてしまったので早速大成功話を書きます。

またテトラテストしてみました。見てください。この見事な若葉グリーン。
okph.JPG

つい先5分ほど前までこんなでした。
badph.JPG

何をしたかと言いますと、前に書いたとおり、水を少し取り替えただけです。
5リットルぐらい水を取り出し、新たに6リットルほどカルキ抜きしたばかりの水を加えました。
それだけです。

60cm水槽は約57リットルの水が入るのですが、そのわずか1/10程度の水を取り替えただけでこんなに水質が変わるものなんですね。でも、水道水ってアルカリ性なの!?

ということで、調べてみました水道水。
tapwaterph.JPG

うーむ、素晴しい程に中性ですね!
・・と、いうことは・・・もうアルカリ犯はこいつしかいませんね。

カルキ抜き。


ということで、水道水にカルキ抜きを一滴垂らしたものを測ってみると・・・
chlorineph.JPG

見事に美しいブルーになりました。

いやー、水質ひとつでもかなりの気遣いが必要なんですね。今回はかなり勉強になりました!!

ひらめき今後のためのメモ:
水換え時にカルキ抜きをした水はアルカリ性なので、pHを下げてから水槽に注水すること。

あと、しみじみ思ったのは、50回分使えるpH測定キットを購入しておいてよかった!心置きなくこまめに測定ができます。
posted by サチポック at 21:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 水槽の水質について

pH大失敗

phminus.JPG水槽立ち上げ初日〜三日後と水のpHを測ってみたのですが、常に7.5ぐらいの弱アルカリ性です。ほとんどの熱帯魚は弱酸性の水が適しているようなので、少し数値を下げなくてはと早速『テトラPH/KHマイナス』という代物を購入してきました。250mlのボトルで¥1,764もしましたよ、たかっ(同じメーカーの同じ大きさのカルキ抜きが¥380だったので、そんなに高くないのかと思ったら)。

帰宅するや早速水槽に入れました。で、『テトラテスト』でpHを測ってみる・・・ん・・・?ま、まっきっきですよ(汗)




使用前
1stdayph.JPG

使用後
badph.JPG

か、かなりすっぱくなってますよ。大変ですよ、な、なぜー・・?

で、よく見たら分量を二倍近く入れてました・・・。
どうしたらいいんでしょう・・・。

この失態だけのために高価なpH上げるものを買うのもかなり抵抗があります。とりあえず、ちょっと水を出して新しい水と入れ替えてみようと思います。
どなたか良い方法あれば教えてください・・・。

それにしても、まだ何も水草やお魚がいなくてよかったです、ほんと。でも、せっかく入れたバクテリアがこの強い酸性でどうなってしまうのかが心配です。


pH試験薬について
posted by サチポック at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水槽の水質について

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。